プロフィール

 
プロフィール
小野 正博(オノ ナオヒロ)  56年8月19日
福岡柔道整復専門学校
 

柔道整復師(国家資格)

日本オステオパシー協会

フルクラムオステオパシー

日本カイロプラクティック協会

心理学ハーモニーセラピー



家族構成  4人(妻 娘2人)

出身    福岡県大牟田市

趣味    海釣り サーフイン ゴルフ 金魚

将来    キャンピングカーで釣り三昧の日々


あいさつ

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

院長の小野 正博です。

みやま市で【なお整骨院&オステオパシー整体】を開業し、H29年で10年が経ちました。

本当にありがとうございます。

私は小さいころから海が好きで、毎週のように釣りに出かけていました。

大人になってからはサーフィンに没頭し、子供の名前も海からつけさせてもらいました。

オステオパシーに出会ったきっかけは、母親の子宮筋腫がきっかけでした。

子宮全適した後、脳脊髄低下症となり起き上がることができず入院生活となりました。

そのあと何とか退院してきたら、その日に夜に胆石の痛みで再入院。

また手術という話になり、このままでは体は悪くなる一方と思い、

何か根本的に良くなる方法を探しているとき、オステオパシーと出会いました。

哲学のすばらしさ、治療に圧倒されました。

これを学びたいと決心し、それから毎週のように勉強会に参加してきました。

母親を治療することで、治療効果も確証を得ながら。


無事母親も病気や痛みに振り回されることなくなり、

何より、人生を楽しむことができるようになりました。

この様な経緯からオステオパシーをはじめ、

今ではたくさんの方のサポートが出来るようになりました。

 

~主な海外講師セミナー受講歴~

講師紹介 フィリップ・ドゥリュエル(Philippe Druelle) D.O.

phillippe druelle
Philippe Druelle D.O.はカナダ・ドイツ・スイスに合計8校のオステオパシー学校をもつ理事長であり、小児科や婦人科に関しても造詣の深い、オステオパシー界でも屈指の実力者であり、指導者です。彼は、1982年に神経・感覚・運動機能障害を持つ0歳~4歳児の子どもの治療のための『オステオパシー教育と研究のためのカナダ財団』を創設しています。この分野の専門家である彼は、発達・姿勢・学習の問題をもつ幼児に対し、予防と治療の方法について世界中で講義を行っています。


講師紹介 コンラッド・スピースConrad A.SpeeceD.O.

conrad
Conrad A.Speece, DOは、1974年からダラス・オステオパシー・スタィー・グループのメンバーです。そのスタディー・グループは1962年にロリン・ベッカーDOとジョン・ハラカルDOによって始められました。Conrad A.Speece, DOは、「靭帯性関節ストレイン」の著者の一人であります。Conrad A.Speece, DOの非常にわかりやすい教え方には定評があります。Conrad A.Speece, DOは、決められた時間通りに教えるというより、どちらかというと、出席者が原理とテクニックを理解するスピードに合わせてコースを進めます。Conrad A.Speece, DOは、偉大なるオステオパスであったローリン・ベッカーと16年間も一緒に研究してこられました。



講師紹介 ジャン・ピエール・バラル(Jean-Pierre Barral)D.O.

140x140
ジャン・ピエール・バラルD.O. は、パリ医科大学オステオパシーマニピュレーション学科にて、ディレクター(及び講師)として務めるオステオパスであり、理学療法士です。メードストーン(英国)のEuropean School of Osteopathyより1974年にOsteopathic Medicineの免状を得て、1975-1982年には研究機関で脊髄生体力学を教授しました。
バラルD.O. は、各々の内臓が生理的軸を中心に回転するという革新的な理論に基づく内臓マニピュレーション(Visceral Manipulation)を開発しました。ジャン・ピエール・バラルD.O.は仲間とともに、進行中の臨床研究に基づいた神経マニピュレーション(Neural Manipulation)と総合関節トリートメント(Global Joint Treatment)を開発しました。
バラルD.O. は、バラル・インスティテュートのカリキュラム開発者でもあります。治療方法を様々な手技療法コースへと発展させ、1985年より教え始めました。また、これらのコースを指導できる国際講師陣を訓練し、彼らは世界中で活躍しています。1999年以降、バラルD.O. はグルノーブル(フランス)で、個人診療を継続しています。同じく1999年以降、グルノーブルのオステオパシー医大内臓マニピュレーション学科長、北パリ大学医学部の内臓マニピュレーション学科長、そして、セント・エチエンヌの国際オステオパシー・カレッジの教育ディレクターとして務めています。


講師紹介 ポール・ショフール(Paul E. Chauffour )D.O.

300x400[1]
1971年にオステオパシーの名門校である英国のヨーロピアンオステオパシースクール卒業後、1973年フランスオステオパシー協会を設立,会長となる。メカニカル・リンク(ML)の方法と概念を公にスタートさせたのは1984年で、Eric Prat, DOと共著で「メカニカル・リンク」を出版した。MLは高い評価を受けることとなり、アメリカ、カナダ、ロシア、フランス、ドイツ、イタリアなど数多くの国々で講義を実施している。  また、複数のオステオパシー学校で非常勤講師を務めるほか、パリ大学13の医学部卒業(手技医学とオステオパシー)後、同学部で非常勤講師を務めている。


講師紹介 ジョン・C・グローバーJohn C. GloverD.O.

180x180
1977~1981年 生物学助教授 Lord Fairfax Community College
1987~1989年 地域医療講師 Ohio University College of Osteopathic Medicine
1989~1994年 地域医療助教授 Ohio University College of Osteopathic Medicine
1994~1997年 オステオパシー理論実技准教授 University of Health Sciences, College ofOsteopathic Medicine
1998~2004年 地域医療准教授 Oklahoma State University College of Osteopathic Medicine
2001~2002年 AAO (The American Academy of Osteopathy) 会長
2006年~至現在 オステオパシー医学教授 Touro University College of Osteopathic Medicine
2011年3月 AAO総会にて、オステオパシー界において最高の賞であるA.T. Still Medallion of Honor (A.T. スティル栄誉メダル)



講師紹介 アンソニー・チラ(Anthony Chila)D.O.
 

チラD.O.は何年もの間、米国オステオパシー協会、オステオパシーのアメリカアカデミーおよびクラニアル・アカデミーで非常に積極的に活動しています。多数の委員会で活動し、これらの委員会の議長や活動を特徴づける理事長および理事会のメンバーとしても活動され、専門的な執筆と教育も豊富です。チラD.O.は、特に米国オステオパシー協会ジャーナル、オステオパシーの史料、応用生理学誌、マニュアル医学誌や筋骨格痛のジャーナルで発表された論文の著者または共著者となっている。

 現在、AOA(米国オステオパシー協会)、オハイオ州オステオパシー協会、AAO(オステオパシーアメリカンアカデミー)、クラニアル・アカデミー、アメリカ整形医学医協会、米国科学振興協会、ニューヨーク科学アカデミー、全米実習アカデミーやその他の多くで正式なメンバーとなっています。

2011年、オハイオ大学オステオパシー医学遺産大学での学術キャリア退職時に、評議委員による大学理事会より、家庭医学名誉教授の称号を授与され、2013年にはアメリカのオステオパシー財団より年間最優秀教育者とされました。


 

 

院名 なお整骨院&オステオパシー整体院
代表者 小野 正博 (おの なおひろ)
所在地 福岡県みやま市高田町濃施629-4
連絡先 0944-22-3970
スタッフ数 5人
診療内容 【オステオパシー適応症】

筋骨格系
肩こり 腰痛 膝などの痛み しびれ  腰部ヘルニア(手術前後) 頚部ヘルニア(手術前後) 脊柱管狭窄症 分離症 すべり症 側弯症 変形性股関節(手術前後)    

婦人科系
頭痛 生理痛 不順 不正出血 卵巣嚢腫 子宮筋腫(op前後)卵管の捻じれ 不妊症 不育症  妊娠中の痛み 逆子 産後の授乳トラブル 帝王切開の不調 赤ちゃんの頭の形 赤ちゃんのトラブル 下痢 便秘 更年期 発汗 不眠 産後うつなど

呼吸器系
呼吸痛 過呼吸 喘息 肺気腫など

内蔵系
胃痛 便秘 下痢 逆流性食道炎 動悸 不整脈 頻脈 胸やけ 気管支喘息 頻尿 尿もれなど 

神経系
自律神経失調症 不眠症 坐骨神経痛 顔面神経痛 頭痛 偏頭痛など

その他
アトピー性皮膚炎 肌荒れ 顔の歪み 歯の痛み 花粉症 鼻炎 体調不良
病院で原因不明と言われた方 薬から解放されたい方 より健康を維持されたい方など



診療時間 午前8:30~12:30

午後2:30~8:00

日曜 祭日休診 土曜午後は研修会のため休診もあります

サイト登録宣伝無料AUL  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

お問い合わせ
ページトップに戻る