①プロスタグランジンの分泌が多い方

生理中は、子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに「経血」として体の外に押し出す働きをするプロスタグランジン」が分泌されます。

この分泌が多いと、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような下腹部や腰の痛みの原因になります。

さらに、このプロスタグランジンの一種には痛みを強めるなどの作用があるので、頭痛や腰痛の原因にもなります。


②子宮の出口がせまい

若い女性や出産経験のない女性に多い原因です。
子宮の出口がせまいために、経血がスムーズに外に流れにくいことから痛みを感じます。出産を経験すると、子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなる場合も。

 

③冷え

体が冷えると、血液の循環が悪くなりプロスタグランジンが骨盤内に滞り、痛みが強くなります。

 

④ストレス

ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせます。さらに体温調節の機能なども低下させ、不快な症状を感じやすくさせるのです。



オステオパシ-治療で行うこと

体の働きは、ズレや形が変わると100%の働きをしません。

これが原則です。(構造と機能の関係)

骨盤や背骨がズレれば、中にぶら下がっている子宮や卵巣の位置は傾いています。

そのため、骨盤を戻し、子宮や卵巣の位置も戻すことで初めて機能が回復します。
その他、月経前症候群(PMS) 不正出血 排卵痛 子宮筋腫 子宮後屈などでお悩みの方にもオステオパシーは効果的です。




しかし、なぜ骨盤がズレたのか?その原因を治療しなければまた元のズレに戻ってしまいます。

オステオパシー治療のキーポイントです。

また脳の視床から命令を出し、下垂体でホルモンを出す指令も調整することでからだの機能も上げることが出来ます。

子宮は女性の精神状態にも大きく影響を出すため、治療後は精神的にも安定した状態になります