オステオパシー改善例

オステオパシー改善事例

当院のオステオパシー施術で改善された様々な症例をご紹介します。

施術の内容 期間は個人差があり、同じ悩みの方でも同じ施術 経過を辿るとは限りません。

自身の症状の改善の参考として下さい。

肩こり 腰痛

20代女性

 

症状》

肩こりがひどく頭痛吐き気が時々起きていた。問診時に腰痛が生理前にひどくなることも訴えられた。

来院のきっかけ》

肩こりの緩和の目的で、来院されていた家族からの紹介

原因分析》

骨盤内蔵機が不調をお越し、骨盤の歪みを起こしていた。

骨盤の歪みは頭蓋の歪みを助長させ頭痛 肩こりの症状を出していた。

施術内容》

子宮の傾きを調整し、腸の根本の腸間膜を解放。

これで骨盤の負担が減るため、骨盤全体を調整。

背骨の動きの悪い所を解放し、頭蓋の関節、脳脊髄液の調整を行う。

1回目の後、腰の違和感が減り、頭痛も減少。

2回目以降骨盤の調整を行いながら、生理痛もなく肩こりの状態も減った。

この方の場合、骨盤と内臓の問題が強かったため、食事の指導も行い自己管理できるように心がけてもらっています。

産後骨盤調整

30代女性

 

症状》

産後腰の痛み 頭痛が強くなり、なかなか体系が戻らない

来院のきっかけ》

ホームページを見てオステオパシーに興味がでて1度受けてみたかったため来院。

原因分析》

産後の痛みのため 仙骨と頭蓋骨のバランスが崩れ、正常な動きができていない。

それにより体の循環がおかしくなり便秘、肌荒れがひどくなっていることが、代謝異常をお越し、元の体系に戻るのを妨げていた。

施術内容》

仙骨と後頭骨の動きが整うように骨盤 横隔膜 頭蓋を解放していく。

循環システムの腎臓 腸 肺 心臓の機能を上げて代謝を上げていく。

1回目で頭痛がなくなり2週間後に2回目の施術。

甘いものが増えていたため、腸の硬さをとると骨盤が正常に機能し始めた。

3回目で便も正常に出始め、体が疲れにくくなっていた。

4回目 体重が減り、お腹周りがスッキリしたとのとこ。

5回目 1カ月後 前の体系に戻り、2人目希望のため月1回の施術をされている。

生理痛 生理不順

30代女性

 

症状》

 学生のころから生理痛 生理不順があり最近も仕事できない痛みがあるとのこと。

薬でごまかしてきたが、体のことを考え薬を減らしたいと思いだした

来院のきっかけ》

知人からあまりにきつそうだからと紹介され来院。

原因分析》

左の腰回りの腫れがあり、左腎臓の機能低下。歯の矯正による頭蓋骨の関節の癒着がみられる。

施術内容》

左腎臓は子宮に血液を供給しているため、子宮の機能が下がる原因となることがあります。腎臓の機能を改善し、子宮の状態を改善。しかし、このクライアントの場合は歯列矯正のため、頭蓋の関節が癒着し、下垂体からのホルモン分泌に異常をきたしていました。よって頭蓋の関節、下垂体の働きを調整し生理痛、生理不順が正常になりました。歯列矯正は無理やり頭の形を変えるため、リスクが伴ってきます。後のケアをしておかなければ、体は窮屈な状態で過ごさなければなりません。きちんと理解して歯の矯正もおこないましょう。

便秘

50代女性

 

症状》

便秘がひどく食欲がなくなり、胃の痛みや背部の痛みが増してきた。

来院のきっかけ》

以前 オステオシーを関西で受けたことがあったため近場で探していたとのこと

原因分析》

腰骨の関節の硬さ、頸椎の関節の硬さが強く自律神経の機能低下。

子宮が左に傾きS状結腸を圧迫し、便秘となっています。

施術内容》

脊柱の関節を動かし、自律神経の働きを上げていきます。

子宮の傾きを戻し、骨盤の歪みを調整。

肝臓が下に下がり右腎臓に負担がかかっていたため、横隔膜、腎臓、肝臓をもとの位置に調整。

横隔膜が心臓に付着しているため、心臓の機能を上げていき、血流を改善。

このクライアントの場合、家庭でのストレスが強くなかなか悩みを打ち明けることができず、体を壊していっていました。

体が楽になるにつれ、ストレスを自分で解放する力ができ、考え方も変わったため症状の減少につながっていきました。

安産

30代女性

 

症状》

出産の不安が強く、なるべく安産で出産できればと考えていた。

原因分析》

友達が帝王切開や難産で出産されたのが自分と照らし合わせて、不安となる。 妊娠7か月で来院され、すでに上向きで寝ると痛みが腰に出ていた。

施術内容》

むくみが強かったため、初めは頭蓋の静脈の流れを良くし、体の循環の機能の高めていきました。

2回目で右の仙腸関節【骨盤】に硬さがあったため背中から腸を弛め、骨盤がきれいに動くように行う。

3回目で上向きができるようになり、赤ちゃんの成長とともに横隔膜が上がり、心臓を押していたため、心臓周り【胸郭】を背中から弛める。

4回目3週間後赤ちゃんが大きくなり股関節に負担がかかっていた。

骨盤を整え、腰椎の関節を背中から弛める。

5回目体の調子もよく出産に自信が出てきたとのこと。体全体のバランスを整え、3日後に出産され、無事安産で生まれました。

頭痛

40代女性

症状》

常に頭に違和感があり、頭痛が繰り返していた。脳神経に行き、調べたが異常なく、薬で様子を見ていた。

来院きっかけ》

頭痛の原因は何か調べていた時にオステオパシーを知り来院。

原因分析》

この方は交通事故で右足首を骨折され、その力が体に残り、足から骨盤 背骨 頭と歪みが残っていました。

施術内容》

足からバランスをとり、骨盤のズレを整えていきました。足や骨盤は土台となるため、しっかり整えていきます。

10年以上前の事故のため体の負担もかなり大きくなっていました。

2回目 頭痛の回数が減り、座っているときの頭痛に絞られていた。

骨盤 脊柱 頭蓋の捻じれをとり、脳脊髄液を流して調整。

3回目で座っているときの頭痛が減り、薬を飲まずに生活できるようになる。循環システムを上げ呼吸をしやすいよう施術。

4回目、症状の改善が見られたが、まだ不安が残るため月1,2回メンテナンスに来られています。

赤ちゃんの便秘

1か月 男の子

 

症状》

便の回数が少なく硬さもある。肌荒れもひどい

来院きっかけ》

知人に赤ちゃんの便秘の施術もできると聞き来院される。

原因分析》

腸の硬さと動きが弱いことが検査にてわかる。

そして帝王切開の出産のため、出生トラウマ(オステオパシー病変)がある。

施術内容》

帝王切開の赤ちゃんは、骨盤を抱えてお母さんのお腹から引き上げるため、背骨に過度の牽引が掛り、背骨にズレが生じることが多くあります。

この赤ちゃんも首の関節に負担がかかっていました。首を整え、腸の硬さをとり除いていきます。

赤ちゃんの腸が硬くなるのも、妊娠中お母さんが甘いものを取りすぎていたり、また赤ちゃんが羊水を飲み過ぎて硬くなることも原因の一つです。

人見知りが始まるとなかなか施術させてくれない赤ちゃんもいますので早めに来院してもらえば、改善も早くなります。

不妊症

30代女性

 

症状》

自然妊娠を希望。

不正出血 腰痛 不眠が少しあるとのこと

来院きっかけ》

体を整えると妊娠もしやすいだろうと考え、オステオパシーが内臓の施術もできると知り来院された。

原因分析》

腰骨の硬さが強く、腰の交感神経節に異常があった。そのため自律神経に不調が出て、不妊 不眠の原因となっていた。

施術内容》

腰椎の関節の制限を解放し、交感神経節の働きを上げ、首と頭の関節を弛めました。

2回目には不正出血はなくなり不眠を解消していました。

その後2週間に1度体を整え2カ月後自然妊娠されました。

自律神経失調症

60代女性

 

症状》

病院で自律神経失調症と診断され、めまい吐き気、精神不安定を訴える。

来院のきっかけ》

頭痛があったため頭痛をなくしたいとホームページを見て来院。

原因分析》

薬の治療のため肝臓に負担がかかり、肋骨、背骨の可動域がなくなっていた。

それにより自律神経がうまく働かなくなり、様々な症状が体を襲っていた。

施術内容》

肝臓の静脈を流し、肝臓の機能を上げて肋骨脊柱の固まっている関節を解放します。背骨全体の硬さのため骨盤 頭蓋の関節を弛めていく。

背骨は自律神経が正常に働くには大切なところなので、内臓と照らし合わせながら、関節をゆるめていきます。

脳内の流れ、電磁波(電気信号)などの影響もあるため、脳の機能も上げていきました。

その結果、あちこちに出ていた不調が減り始めました。

どこか1つだけが原因となっているわけではなく、複雑に原因が重なり合っていることも多々あります。

そのため1つ1つ原因を解決し、自分の治癒力が出てきやすい状態にしていかなければなりません。

サイト登録宣伝無料AUL  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

お問い合わせ
ページトップに戻る